福島カヌー教会LogBook


by Fukushima_Canoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

08.05.25.成瀬川

ある日のこと、GWみなかみ遠征を終え疲労感&敗北感でヨボヨボとなった私の携帯が鳴った。
水沢CCさんの例会がありますゼ」電話の向こうの鼻息が荒い。
「あっそ」遠征疲れの私は軽く聞き流すつもりだった。金もないしね。
「行き先はあの成瀬川デス」
「行くしかあるまい」屈指の清流として名高い成瀬川と聞いて疲れはぶっ飛んだ。

だが、問題がないとは言えない。
例年より水量が少ないとは言え難易度の高い川と聞いている。果たして万年ビギナーな私でも参加させて貰えるのであろうか。
無い知恵を振り絞っても妙案は浮かばないのが私の常。しかし今回ばかりは...
“ポクポクポクチーン!”一休さんばりに難問解決っ!
実は水沢CCのメンバーさんとは初顔である。つ〜ま〜りぃ私のレベルなど知った者はいない・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

その顛末や如何に→元やんブログ
a0103615_19223675.gif
[PR]
by Fukushima_Canoe | 2008-05-25 22:28

080505魚野川

前日と打って変わって瀬の見えないスタート地点。幸せな気持ちです。

<外からの眺めは元やんブログ参照>

この川もやはり増水のため流速はかなりのものながらトロ場が長いので気にならず。っていうか、この流速でなければトロ場が長すぎてしんどいかも。
川幅もかなりあるので、両岸にたまに出るホールを狙ってジグザグ航行。
ストレスがなくまったり適度に楽しめるコースでした。
途中、橋脚とテトラを巻き込む危険箇所はジックリとスカウティング。
広報と私はチキンコースを恐る恐る下り、勇敢なアヒル達はヒーローコースをカンペキにクリア。
レベルの差を見せつけられこっそり涙したのでした。
ゴール前の瀬は楽しくてナイス!
自分のレベルに合った川のように感じました。終。

撮影班元やん画像a0103615_197515.jpg
[PR]
by Fukushima_Canoe | 2008-05-05 19:03
日本有数の激流でのDRのため、またもやアヒルBrosに混ぜていただくことになりました。

<全貌は元やんブログ参照>

スタート地点で川を見た途端、(((゜д゜;)))ナナッ、なんじゃこりゃ〜、、、凄まじい激流に目が点。
しかし、タンデムダッキーを用意していただいた手前、やりません!とも言い出せず、バディのロミさんとまあ何とかなるわと話つつ漕ぎ出したのでした。
川幅いっぱいうねりまくり、あちこちに凶暴なホールができていて、ん〜エディが無いですなトロ場なんてものはあるハズないようだアハハアハハ・・・現実逃避のハイテンションで奮い立たせなければ漕ぐ力も鈍ります。
いったん岸へつけ危険箇所の説明をうけ再スタートを切った直後、前方の艇からワラワラと沈。我々も逆さまの艇に突っ込み沈。
流れが速いのでパドルを持っていかれそうになりつつダッキーから離れないようにと必死にしがみつき、岸が近づいたタイミングで一気に泳ぎ何とかたどり着けました。ふぅ;
生命の危機を感じつつロミさんに感想を聞くと「たのし〜!」と全然堪えてない様子。
もう一回頑張るべっと漕ぎ出したが、目の前のうねりを超えるのに必死で、どうやら入ってはいけないホールに飛び込んだもよう敢えなく沈。
流された距離推定300m?の教会最長不到距離を達成し息も絶え絶えに岸の木の枝にしがみつき生還。
無邪気に楽しむロミさんをGくんに託しリタイヤとなったのでした。
漕ぎだしたのを後悔したのは人生2度目でしたとさ。
聞くところによるとこの後も大変だったみたいですね。お疲れ様でした。

...大変どころではなかったよa0103615_1859191.jpg
[PR]
by Fukushima_Canoe | 2008-05-04 18:54

080503摺上川下流域

08年05月03日(憲法記念日) メンバー;元、串
水位;秋庭ー0.04m、摺上ダム放水量14.4㎥/s 天気は晴れ、気温25度以上に感じたぜ
コース;摺上川(大鳥橋〜阿武隈川合流)
所要時間11:00〜13:00(2時間)

福島カヌー教会では初めて!摺上川下流を下ったよ
a0103615_22231355.jpg
【福島交通・飯坂温泉駅】

[PR]
by fukushima_canoe | 2008-05-03 22:19

080502ひとりで阿武隈川

場所;阿武隈川(信夫ダム下〜荒川合流点)
水位;-1.07m(福島)、天気;晴れ、メンバー;ロンリ―元Only

新兵器を入手したロンリ―元。だが、与えられた時間はおよそ3時間。
自宅→(車)→信夫ダム下→(車)→杉妻町→(新兵器)→信夫ダム下→(ダウンリバー)→杉妻町→(車)→信夫ダム下→(車)→自宅・・・たぶんこんな感じの行程。

果たしてロンリ―元は次のミッションに間に合うのか?a0103615_22444352.jpg
[PR]
by fukushima_canoe | 2008-05-02 23:59